おすすめサプリ

鉄分不足が引き起こす恐ろしい病気について

医者
鉄分不足を甘く見ていると、恐ろしい病気にまで発展してしまう可能性もありますので、要注意です!!

 

たとえば鉄分が不足していると・・・
女性の場合、妊娠するときに必要な黄体ホルモンの分泌が低下することになり、悪化すると妊娠できなくなるケースもありますし、生理不順が鉄分不足が影響している場合も多いようです。
女性に欠くことが出来ない大事な成分の一つと言えましょう。

 

また、鉄分が不足することによって、皮膚にカビが生えてしまうこともあるようです。
鉄分が不足すると、血液中の白血球が作られなくなり、病原体を追い出すことが出来ず、感染してしまいます。

 

免疫力が低下する事で、インフルエンザにかかりやすくなったり、はやりのウイルス性の感染にかかりやすくなり、とても危険な状態に陥ってしまうこともあります。
免疫力を高める為にも血液を丈夫にし、鉄分補給で白血球をしっかり作れるようにすることが大切です。

 

死へもなにかと近い肺炎にもかかりやすく、肺にもカビがはえてしまうことにもなりかねますので、しっかり心得ておく必要があると言えるでしょう。
鉄分が不足してしまい、固形物が喉を通らなくなったり、鉄分を補うために土を食べるようになってしまったりする人もいるようです。

 

また、味の好みも変わり歯切れのよく、音のするものを食べるようになる傾向が強いとされています。
氷をごりごりと食べることが好きな人がいますが、その人は鉄分不足になっているかもしれないということも知っておきましょう。

 

鉄分不足が悪化すると起こりやすい症状

普段の食事で補給されにくく、不足していても軽視されることが多い鉄分ですが、鉄分が不足すると身体に様々な変化が表れます。
初期症状ではだるさや身体の重さを感じるようになったり、イライラするようになったりなど、それほど大きな変化は表れませんが、鉄分不足が悪化してしまうとさらに大きな変化が身体に起きるようになります。

 

果たして鉄分不足による身体の変化とはどんなものなのでしょうか。

 

免疫機能の低下

鉄分不足が進行すると、白血球が作られなくなり、体内の異物を処理する免疫機能が失われます。
そうなると普段はかからない病気に簡単にかかるようになり、皮膚にカビが生えたり、体内にカビが生えて肺炎などの病気に発展し、治療はどんどん困難になっていきます。

 

神経伝達に異常が

鉄分は神経に指令を与える伝達物質の生成にも影響します。
神経に指令が与えられなくなると、皮膚に何かが触れるような感覚を感じるようになるなど、不快な幻覚を感じるようになります。
これにより睡眠職外を併発したり、うつ病に発展することも多く、時には命にもかかわります。

 

脳の働きに異常が

鉄分不足がより深刻なものになっていくと、脳の働きにまで異常が現れるようになります。
鉄分不足による脳の異常で表れやすいのが異食症と呼ばれる症状で、本来なら食べようとは思わない土や紙、氷といった異物を無償に食べたくなってしまうようになります。
当然食べれば身体に良くないので、早急に治療しなければなりませんし、鉄分が不足すると胃腸の粘膜が脆くなってしまうので、粘膜が傷ついてがんになるなどの悪影響にも注意が必要です。

 

 

鉄分不足は女性によっては日常的になるという方もいますが、そのまま放置していては様々な身体のトラブルにつながりかねません。
場合によっては命を落としかねないトラブルに発展することもあるので、鉄分不足と思われる症状が表れた際は、鉄分を多く含んだ食事を摂るようにしたり、サプリメントなどで鉄分を補給しましょう。

 

鉄分補給に錠剤を飲むことへの影響と副作用!?

いくら鉄分が不足して、貧血が続いてしまい、慢性的に鉄分の錠剤を投与し続けることにも、副作用があることを覚えておきましょう。

 

胃への負担をかけることにもなりますし、胃への不快感も同時に与え、不快感を覚える人も多いと思います。
胃を傷めない為には、胃薬と一緒に服用することも医者からは勧められているようです。

 

また、医者に相談することをし、フェリチン値を測ることです。
フェリチン値とは、血液に貯蔵されている鉄の貯蔵のことであり、貧血が慢性的でもフェリチン値が高い場合は、鉄分を補給しない方がよいともされているので、自己判断は禁物です。