おすすめサプリ

鉄分不足とフェリチンの関係とは?

むずむず脚症候群の改善に欠かせない鉄分ですが、そもそも鉄分は人間には必ず必要な栄養素の1つです。

 

鉄分は白血球や赤血球など、血液を構成する物質の生成に使われたり、神経伝達物質や胃腸の粘膜など、様々な組織に深くかかわっているため、常に適量を補給しておく必要があります。特に女性は推奨されている鉄分摂取量が男性よりも多いといわれています。言いかえると女性は鉄分不足になりやすいので、フェリチン指数を元に適切な鉄分を補給するようにしましょう。

 

・・・ん?フェリチン指数?何それ?と思いますよね?

 

そこでここでは鉄分との関係で欠かすことはできない「フェリチン」について解説していきます。

 

そもそも、フェリチンって何?

鉄分補給に関する情報を調べると、よく”フェリチン”と呼ばれる言葉を目にすると思います。

 

フェリチンとは「鉄分の貯蔵や血液中の鉄分の濃度の維持を行うためのたんぱく質」です。そんな鉄分を濃い状態で貯めてくれるフェリチンの濃度が低くなると、鉄分濃度や鉄分量も体内で維持できなくなってしまいます。つまり鉄分不足の人の多くは、フェリチンも合わせて減少している、ともいえるので、フェリチンの濃度や数を知ることで鉄分不足か否かを分かりやすく割り出すことができる、というわけなのです。

 

フェリチンの具体的な適正値は?

フェリチンが適正値を維持すれば、それだけ血液が本来の働きをしているということを意味します。フェリチンの適性値には個人差がありますが、大体男性が20〜250ng/ml、女性は5〜120ng/mlといわれているので、通院時によく行われる血液検査などでは、実はそれらの要素もチェックしています。もしフェリチンが減少している場合は、血液中の鉄分も減少していると考えられるので、むずむず脚症候群や貧血などが発症する恐れが出てきます。

 

鉄分濃度の関係について

どうせ貧血について調べるなら、フェリチンの検査を飛ばして直接血液中の鉄分を調べればよさそうにも見えますが、フェリチンは血液中の鉄分を分かりやすく確認することができるため、病院で貧血かどうかの確認にはフェリチンの総数の確認が行われています。フェリチンの総数が適性値と比べて明らかに少ないと、身体に症状が現れることが多いので、鉄の錠剤なので鉄分補給してしばらく様子を見ると、むずむず脚症候群などが発症しても症状が軽減されるようになります。

 

まとめ

このようにむずむず脚症候群の大きな原因といえる鉄分とフェリチンとの関係は、自身の体調不良をいち早く知る上で一番重要なポイントです。「今日は若干貧血気味かな?」と感じたときは、早めに病院に行って詳しくフェリチンの変化を確かめてもらいましょう。

 

フェリチンが引き起こす恐ろしい病気

鉄分の欠乏=フェリチンの欠乏ともいえる関係にある2つ物質ですが、これらが不足してしまうと、身体に様々な悪影響が現れるといわれています。
特に女性は若いうちから鉄分不足になることが多く、気が付かないうちに慢性的な鉄分不足になり、体調不良を起こすことも珍しくありません。

 

鉄分が体内にあるかどうかは、フェリチンによって判断できるといわれていますが、フェリチン自体が不足したらどうなるのでしょうか。

 

フェリチンが減少すると

体内にある鉄分の量は、フェリチンによって判断できるといわれていますが、実際にはフェリチンのほうが鉄分よりも先に減少するので、鉄分の確認もフェリチンの減少量でチェックすることが出来ます。
フェリチンの低下=鉄分の低下につながるので、フェリチンの量が減少すると、身体に鉄分不足によって様々な症状が表れるようになります。

 

フェリチン不足による体の変化

フェリチン不足による体調の変化にはいくつかの種類がありますが、中には健康に関するものと美容に関するものが確認できます。

 

例えば大したことの無い風邪が長引いてしまったり、肌荒れが目立つようになったりといった症状のほか、うつ病や慢性的な疲労感、睡眠障害などにつながることもあるので、常に健康な身体を維持するためにも、フェリチンは常に適正な量を保ち続ける必要があります。

 

フェリチン不足を防ぐには

フェリチン不足を防ぐためには、フェリチンの元となる鉄を増やさなければなりません。
フェリチンが適量体内に留まれるようになった段階で、鉄分も十分に補給されていることになり、鉄分不足にまつわる様々な症状を治療したり、予防したり出来るようになります。

 

例えば毎日鉄分を含んだ食材を食べたり、サプリメントを使ったりといった具合に、毎日定期的に鉄分を採るだけでも、鉄分とフェリチンの両方を適正値に戻すことができます。

 

鉄分とフェリチンは気っても切れない関係にあり、片方が不足しているともう片方も不足します。
当然そのままでは様々な体調不良を引き起こすので、常に健康的な生活を送るためにも、鉄分を常に補給してフェリチンを不足させないようにしましょう。