おすすめサプリ

鉄分不足で起こりうる症状とは?

医者
食事からの鉄分不足によって引き起こされる主な症状としては、疲れやすくなったり、頭痛を引き起こす、食欲の低下や、心臓の動機、呼吸困難や、足のむくみ、舌が荒れたり、口角障害、爪が反り返ったり、月経障害や、足のむずむず症候群、貧血など様々な症状として現れてきます。

 

原因としては、食事からの摂取不足や、吸収がうまくいかなかったり、または、鉄が必要とされることが多くなっているときに、不足していることによって起こります。

 

いわゆる足むずむず症候群は、足がダイレクトにむずむずしてかゆいのではなく、脳からの指令がうまくいかずにおこる神経的な要素もあり、鉄の不足によって引き起こされるのですが、知らないと、何が原因かというのもわかりにくい病気ですので、知って対処することが重要となります。

 

また、鉄分は、現代の食事において、気をつけて摂取することが大切です。
ファストフードやできあいのもの、お弁当などを食べている忙しい現代人が不足しがちな栄養素のひとつとなります。
海藻やレバーや野菜、ごまや大豆からも摂取することができますが、スローフードに見直す必要もありそうです。

 

食事の改善が症状の改善の第一歩であり、治療の一貫!?

慢性的な貧血や、鉄欠乏性貧血、足むずむず症候群など、鉄分が不足して身体に障害を引き起こすことは、大きくなれば輸血を必要としたり、慢性的になってしまうと治すにも治りにくいものとなりうるので、早い目に対処することが重要です。
鉄分の多く含む食事をできるだけ意識するようにし、同時にビタミンCを摂るようにこころがけると吸収もスムーズになるので、効果的な食事法と言えます。

 

洋食や外食が多くなってきている現代人の生活習慣病を改善することがまず一歩と言えます。
そして、それが治療となりますので、甘くみることなく食事を改善してみましょう。

 

一汁一菜という言葉をするかとおもいますが、御飯とお味噌汁、そして小鉢のような質素な食事でも十分栄養を摂ることが出来ます。
お味噌汁にわかめや大豆製品である豆腐を入れたり、ほうれんそうや小松菜を入れても鉄は摂れますし、副菜にレバー炒めを意識的に加えても効果があります。

 

できあいのものや外食では塩分や油分も摂りすぎていたりしますが、一汁一菜であれば、それらを摂りすぎることもありませんし、発酵している味噌を使ったみそ汁であれば、身体を潤滑にし、毒素を排出してくれる働きもありますので、体質改善にも役立ちます。

 

食事改善は健康を見直すきっかけになりますので、是非取り入れてみましょう。