おすすめサプリ

子供にも起こりうる可能性があるって本当?!

親子
むずむず症候群は、脚の神経に常に刺激が与えられることで、本来意図しない筋肉の運動を引き起こす病気です。
発症すると常に足の筋肉が痺れるなど勝手に動くようになり、痛みや痒みを引き起こすなど、日常生活にも支障が出かねない症状が表れます。

 

この病気はどちらかというと年配の方が発症することが多いといわれているのですが、中には子どもが発症することもあり、さらにその場合、原因や症状の表れ方にも違いが出ます。

 

子供のむずむず足症候群

 

一般的なむずむず症候群は、体内の鉄分が不足することで、神経の反応を落ち着かせるドーパミンが不足することで起きるといわれていますが、その反面、子供がむずむず脚症候群になったときには、子供の体内には十分な鉄分が含まれています。
それがどうしてむずむず症候群になったのかというと、実はその原因はわかっておらず、筋肉などのほかの組織に鉄分がとられて、脳にまで鉄分が回っていないのではと考えられていますが、実際のところはまだ研究が続いています。

 

むずむず症候群になる年齢

 

子供がむずむず症候群になるタイミングは、やはり子供が成長中の時期が多く、特に10歳くらいの歳の子に中心に現れています。
この時期は体が大きく成長する次期ということもあり、脳の働きのための栄養素を体の成長のために使うことが多いです。
そうすると脳では鉄分によって作るドーパミンなどの生成に力を入れなくなり、足の意識しない動きを止めることが出来なくなってしまいます。

 

どういう子供に多いのか

 

むずむず脚症候群になる子供の多くは、遺伝的にむずむず脚症候群になりやすい子が多いといいます。
過去にむずむず脚症候群になりやすいという方は、自分の子供にその遺伝が受け継がれていることが多く、ドーパミンが生まれつきうまく機能しないという方や、鉄分の吸収がうまく出来ないことが多いといいます。
そのため過去にむずむず脚症候群になったという方は、自分の子供の健康状態を小まめにチェックしておいたほうが、万が一発症した際も、症状が軽いうちに治療できるようになります。

 

 

むずむず脚症候群は色々な理由で発症しますが、遺伝的なものの場合、予め発症する可能性を考慮して対策を施すしかありません。
以前発症した経験があるなら、当時の記憶を頼りに、症状が軽くなる方法を用意しておけば、早急に完治させることも出来るかもしれません。