おすすめサプリ

足のムズムズ解消法【ストレス編】

むずむず症候群、別名レスとレスレッグス症候群ですが、ストレス解消がよいとしても、たばこやお酒などを控えることも重要となりますので、これら以外にどうすればストレス解消できるかということを探す必要もあります。
運動している管理人

 

鉄分不足によって、体内の血液が不足してしまい貧血ぎみになってしまいますので、急激な運動は控える方がよいでしょう。
急激な運動は、とても危険を伴いますので、やめておいた方が良いと言えます。

 

軽いウォーキング、有酸素運動は、生活習慣病でもあるこれらの病状を軽減させてくれる方法のひとつにもなりますので、取り入れてみるのもよいでしょう。

 

また、手足を大きく振ることも、内臓を動かし、血液の循環もよくしますし、呼吸もじっとしているよりも大きく吸えるようになったりと、いいことが多いのも特徴ですので、意識しながら手足を大きく振ることもやってみてはいかがでしょうか。

 

更に、ストレス解消だからといって、お菓子や甘いもの等に走るのは厳禁です。
悪循環に陥ることになりえますので、厳しいかもしれませんが、食事制限を行うことです。

 

そして、食べることをストレス解消とせずに、身体を動かすことです。
山にトレッキングやハイキングニ行くことも気分転換にもなりますし、身体を動かす絶好のチャンスにもなります。

 

健康的な遊びとストレス解消法を自分のペースや生活スタイルに会った方法でみつけることが大切です。

 

リラックスと緊張どちらも大切!?

むずむず症候群は、夜にリラックスしているときに急に襲ってきたりしますので、その場合は、足を動かしたり、起き上がったりして、緊張を与えるようにします。
リラックスだけがよいともいえず、交感神経と副交感神経の両方をうまくスイッチの切り替えをすることが大切になってきます。

 

どちらかが過度に働いてしまってスイッチがうまく切り換えられない状態になると、さまざまな疾患が現れてきたり精神的にもうまく感情を切り換えられずに、鬱病になったりしてしまうこともあります。
上手に切り換えられるようにするには、やはり適度な運動も大切です。

 

家に引きこもりになったり、身体を動かさないでいると、リラックスしたまんまの状態になり、スイッチがうまく働かないようになることもあります。
適度な運動を取り入れることが重要です。