おすすめサプリ

【むずむず脚症候群】おすすめのストレッチを3つご紹介!

むずむず脚症候群は、脚に慢性的な痺れや痛みを引き起こす病気です。

 

原因は主にドーパミン不足による神経の異常で、鉄分を補給することで症状を改善させることが出来るのですが、その間も症状は続き、痛みや痒みに耐え続けなければならないので、対処法としてマッサージやストレッチをやることが多いといいます。

 

マッサージの効果は?

むずむず脚症候群に対して、マッサージは筋肉の反応を抑えて症状を抑える効果を持っています。
症状が軽いうちならマッサージを繰り返しながら栄養補給を繰り返すことで完治させることも出来るので、毎日足の筋肉をほぐして健康な脚を取り戻しましょう。

 

マッサージにも色々な方法がありますが、簡単な方法をいくつか挙げると、

うつぶせ反り

うつぶせの状態から手を使って上半身を上げ、体を弓なりに反らせる。

 

仰向け反り

仰向けの状態でブリッジするように、背中やふくらはぎを反らしていく。

 

足裏のストレッチ

土踏まずのところから脚の小指方向に向かって、親指でなでるように筋肉を伸ばしていく。

 

といったストレッチは非常に簡単に出来て効果的に働いてくれるのでオススメです。

 

ストレッチによる治療のポイント

むずむず脚症候群の治療におけるストレッチのポイントは、決して無理をしないことです。

 

脚の痺れが出ている間、体を動かすことで症状が軽くなるという方は多いのですが、逆に角に体を動かしたせいで余計に痛みを感じるようになったという方もいるので、少しでも痛みが増したと思ったら無理に体を動かさないようにしましょう。

 

ストレッチ以外の運動

ストレッチで効果が出るようなら、他の運動も平行して行ってみましょう。
普段の生活に取り入れやすい運動として人気が高いのがウォーキングで、普段の歩く距離を少し伸ばすだけでも確実に運動量を増やすことが出来ます。

 

さらに食事療法も加えればさらに効率よく鉄分を補給できるようになり、健康な足を手に入れることが出来るでしょう。

 

 

むずむず脚症候群の治療は、栄養補給と運動療法の併用が最も確実です。
症状が軽ければ完治できますし、多少重症化していたとしても、症状をだいぶ抑えることが出来るはずなので、痛みや痒みが辛いというときはぜひお試しください。