おすすめサプリ

ムズムズ症候群におすすめの鉄分サプリ「たっぷく豆」の効果・効能とは?

たっぷく豆

 

>たっぷく豆公式ページ

 

ムクナ豆は1年草の豆科の一種です。
豆の色は白、黒、黄褐色になっています。
豊富な栄養が含まれていることで知られ、特定の症状に対して効能があるとも知られます。

 

食べ方は様々なのですが粉状のきな粉にして食べられたり、葉や茎の部分をお茶にして飲まれたりすることがあります。
このムクナ豆にある特徴について紹介します。

 

特徴について

天然成分のLドーパが豊富

ムクナ豆には、大豆や肉類、そして魚類などに負けないほど、豊富な栄養成分が含まれており、中でも特徴的なのが鉄分です。
ほかにも、天然成分であるLドーパが豊富に含まれています。

 

これは、ドーパミンの素やアミノ酸の1種である特徴があり、摂取すると体内でドーパミンに変化します。
他にも、ドーパミンの素となるチロシンやフェニルアラニンなどの成分も豊富であるのも大きな特徴といえるでしょう。

 

体を作る成分がたくさん

ムクナ豆には豊富な栄養が含まれますが、中でも体の構成に大きく関わっているタンパク質でもある「必須アミノ酸」が豊富です。
中でもチロシンやフェニルアラニンは、Lドーパと同じくドーパミンに大きく関係しており、そのほかBCAAという分岐鎖アミノ酸類であるイソロイシンやロイシン、バリンも含まれています。

 

過剰摂取の心配がない

ムクナ豆には豊富な栄養が含まれているため、過剰摂取は体に良くないのではないかと考えられる事があります。

 

薬ではなく食品なため、過剰摂取による弊害がみられる心配はほとんどないと考えてよいでしょう。
ただし、豆類でアクが強い特徴があるため、摂取する際には十分に加工されているものにしたり、しっかりとアク抜きを行ったりする事が大切です。

 

「たっぷく豆のおすすめポイント

ムクナ豆を摂取する利点として有名なものは「パーキンソン病」を改善するという事です。
パーキンソン病は神経伝達物質であるドーパミンの生成が少なくなり運動機能に障害が発生する心配がある病気です。

 

ムクナ豆の成分はこの、ドーパミンの素となる成分を摂取できるため、パーキンソン病の予防や改善に役立つとされています。また、アミノ酸が豊富なため、疲労回復効果にも役立つ魅力があります。

 

ムクナ豆と言葉だけ聞いた事があっても、実際にどういった食品なのか知らないという方もいるかと思います。
ムクナ豆には病気の改善に役立つ成分や、体の素となる栄養素が豊富なので、とても注目されています。

 

ムクナ豆

 

>>人気サプリメントランキングはこちら!

「たっぷく豆」の口コミ・評判をまとめてみた!

ムクナ豆は天然成分であるLドーパなどを含み、パーキンソン病の症状改善に期待できる食品として注目されています。
実際に口にされている方も少なくありませんし、これから初めてみようと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

いくつか、ムクナ豆の口コミをピックアップしてみましたので紹介します。

 

パーキンソン病で悩んでいる祖父にムクナ豆を買ってあげました。
これまで、症状が少しずつ悪くなってきていたので、私自身心配でしたし、祖母もどうしようかと悩んでいました。
しかし、たっぷく豆を食べるようになってから、だいぶ調子が良くなったのか自分で積極的に外に出かけるようになっていたので、これからも続けてもらいたいです。
(30代・OL)

私の母がパーキンソン病で、足のバランスが良くなく、ふらふらと危ない様子がうかがえるのが多かったんですね。
このまま悪化してしまうのが一番怖いので、たっぷく豆を買って、母に食べるように渡してみました。
ある程度続けた結果、私が見ているところではふらつく事がなくなりましたので、良くなったのかと思います。
(40代・主婦)

足がムズムズして寝られない日が続き、睡眠不足で辛かったです。
ネットでムクナ豆を見つけて、試しに初めてみようと買ってみました。
粉末状なので溶かして食べやすいので良かったです。
しばらく続けると、気になる症状をほとんど感じなくなりましたので、助かりました。
(20代・フリーター)

手足が震えたり、寝るときにムズムズしたりする事があって、多分パーキンソン病なのだと思っていました。
何か症状を改善するものはないかと探していたときに見つけたのがたっぷく豆です。
スープに入れて食べられるので手軽です。
1ヶ月ほど続けてから、手足の震えやムズムズ感がなくなってきましたので、本当に嬉しいです。
(50代・主婦)

今までどれだけ栄養素を気遣って食事をしてきても、足ムズムズ症候群がよくならないので困っていました。
ですがたっぷく豆を食べるようになってから、症状が和らぎましたし、健康的になれた気がします。
(60代・主婦)

半月ほどたっぷく豆を食べましたが、いわゆるパーキンソン病の症状と言われるものは感じなくなりました。
Lドーパなどの天然成分はやっぱり摂取しておくべきですね。
(30代・会社員)

睡眠障害がひどくて困っていました。
特に、あまり周りの人には理解されないですが足むずむず症候群は気になって寝られませんし、睡眠不足がずっと続いてしまって大変です。
たっぷく豆を食べるようになって改善したので、みなさんにも試して頂きたいです。
(40代・パート)

便秘がひどく、さらに頻尿で夜中に起こされる事が多くて、旦那も落ち着いて寝る事が出来ていません。
私だけの問題ではないので、たっぷく豆を買って食べてみたのですが、1ヶ月ほど続けた結果、とても調子が良くなりました。
ここまで良いなら、もっと早く出会っておきたかったという思いはありますね。
(40代・主婦)

むずむず症候群というのですか、寝るときになると足がいずくて、なかなか寝付けない日が続くんです。
どうしたものかと考えていたら、インターネットで見つけたたっぷく豆を旦那が買ってくれました。
2ヶ月経たないうちに、とても快適になりました。今では毎日欠かさず食べています。
(50代・主婦)

パーキンソン病と自覚したのは、明らかな不眠症で日常生活に支障をきたしていた事を自覚した時です。
ネットで調べると、ムクナ豆が良いという事でしたので、思い切って買って試してみる事にしました。
スープや食事に混ぜて食べられるので手軽ですし、実際に体の調子も良くなってくれましたので、とても満足しています。
(30代・公務員)

 

まだまだムクナ豆は幅広く浸透しているわけではありませんが、症状に悩まされている方は食べられている事が多いです。
パーキンソン病が辛い、むずむず症候群で寝られないという時には、ムクナ豆に含まれる天然成分に症状の改善を期待できます。