おすすめサプリ

鉄欠乏性貧血とは?〜その原因と症状〜

「鉄欠乏性貧血」という言葉を聞いた事があるでしょうか?
貧血になったことがある方なら、一度は耳にした事があると思います。

 

今更聞けない!「鉄欠乏性貧血」の原因と症状をまとめてみました。

 

鉄欠乏性貧血の原因とは?

簡単に言えば、鉄欠乏貧血というのは、体内の鉄分が不足することによって、ヘモグロビンを生産できなくなり貧血になることを言います。

 

鉄分が喪失されてしまうと、貧血を起こしますが、その原因は食事などで十分に鉄分を摂取しなかったりすることによっても引き起こされます。

 

体内には、予め鉄を貯蔵する貯蔵鉄が存在するのですが、その貯蔵鉄まで使い果たしてしまうことによって起こります。
そこが枯渇するまでは、鉄欠乏性貧血までおこりませんが、枯渇することによって貧血を引き起こすのです。

 

また、慢性的に出血が多い人ほどなりやすく、例えば、月経過多によって出血が多い人、悪性腫瘍がある人も出血することが伴うことが多いためなりやすいとされています。

 

潰瘍性大腸炎も代表的な貧血の原因ともなります。
この疾患も長期的な出血に伴う病気なので、貧血になりやすいとされます。

 

また、胃を切除した人も、鉄の吸収が難しいため、欠乏性になりやすいとされています。

 

鉄欠乏性貧血その症状とは??

めまい
鉄欠乏性貧血の主な自覚症状は、疲れやすくなったり、動機や、めまい、耳鳴り、顔色が悪くなったり、呼吸がおかしくなったり、起き上がるのも困難になる場合もあります。

 

また、爪も上向きに反り返るのが特徴です。
よく注意しておくとよいでしょう。

 

治療としては、軽い場合は食事を改善することによって改善される場合が多く、鉄を錠剤にて補うこともあります。

 

また同時にビタミンCを一緒にとることによって吸収を良くするため、一緒に服用する場合が多いです。

 

食事療法の場合は、そのことについて気をつけた食事の献立を教わりながら、普段の食事に取り入れて行きます。
しかし、重傷な場合は、輸血が必要になりますので、まずおかしいなと思ったら病院にて検査をしてもらい、対処が必要となります。

 

自己判断せず医師に相談してみましょう。

貧血と鉄欠乏性貧血の違いは?

急に立ち上がったときに立ちくらみが起きたり、慢性的なだるさなどが続くなど、貧血になると色々な症状が表れますが、貧血にもいくつかの種類があり、その一つが鉄欠乏性貧血と呼ばれるものです。
貧血と鉄欠乏性貧血の違いとはいったい何なのでしょうか。

 

貧血の一種

鉄欠乏性貧血は原因が鉄分の不足によって起きる貧血です。
他にも貧血には色々な種類がありますが、単純に貧血と表現する場合は、様々な貧血を一つにまとめて貧血と表現しているか、出血して直接血液が体外に出たときに起きる貧血のことを指します。

 

出血による貧血を起こすケースはあまりないので、普段どおりの生活を送っていて急に貧血になったときは、鉄欠乏性貧血を疑ったほうが良いでしょう。

 

鉄欠乏性貧血について

鉄欠乏性貧血は鉄分が不足することで引き起こされます。

 

どうして鉄分が不足すると身体のだるさなどを感じるようになるかというと、鉄分は赤血球を構成する成分の一つであるヘモグロビンを作るために必要なのですが、鉄分が不足すると体内のヘモグロビンが不足して、赤血球が本来の機能を果たすことが出来なくなってしまいます。

 

通常赤血球は体内に酸素を送る働きを持っていますが、うまく酸素を運ぶことが出来なくなることで、身体の様々な機能が働かなくなってしまい、めまいや身体のだるさといった症状が表れます。

 

鉄欠乏性貧血の見分け方

貧血になる条件にはいくつか種類がありますが、鉄欠乏性貧血かどうか見分けるには、鉄分の量をチェックする必要があります。
最も分かりやすいのが血液検査で、血液中の赤血球の量や大きさによって判断することが出来るので、急に貧血が起きたときは念の多面検査を受けるようにしましょう。

 

場合によっては体内で出血を起こして貧血になっていたり、他の病気が原因で貧血になっていることもあるので、自己診断はあまりしないようにしましょう。

 

貧血と鉄欠乏性貧血は、その原因がまったく異なり、対処の仕方も変わってきます。
いずれにしろそのまま放置してよいものでもないので、だるさや身体の重さ、立ちくらみに肌色の変化といった症状が表れたときは、内科などで詳しく検査を受けたほうが良いでしょう。