おすすめサプリ

鉄分とむずむず症候群の深い関係について

先生
通称足むずむず症候群、別名レスとレスレッグス症候群は、主にドーパミンの機能障害によて引き起こされる脳と関連する病状の一つです。
血中の鉄分が不足することによって、脳に悪影響を与え、足にまで症状として現れます。

 

足に直接疾患があるわけではなく、脳からの指令がおかしくなっているため引き置こされるので、血液をどうにかしないと治らない病気です。
では、鉄分を補ってあげれば改善されるのでしょうか?

 

軽い症状であれば、食事にて鉄分と、ビタミンCを一緒に摂ってあげることによって改善される場合がほとんどです。

 

しかし、重症になってくると、長期での食事療法や、薬やサプリにて重点的に鉄を補ってあげることも需要となります。
その場合は医師に相談し、薬を処方してもらうことをおすすめします。

 

そこまでではない場合は、一度食事をみなおし、鉄を多く含む食べ物をみなおして取り入れてみることをおすすめします。

 

イライラ、むずむず、モジモジ、イ〜!!我慢せずに相談してみましょう!

リラックスして寝ているのに、突如としてこのような症状がでてきては、眠りにつくことも困難になり、余計にストレスを感じてしまい、交感神経、副交感神経にも影響を及ぼし、悪循環を引き起こすこともしばしばあります。

 

誰にいっても、わかってくれなさそうだし、病院に行くまでもないと放っておく人も多いと言います。

 

しかし、放っておいて、根本的な改善を行わないとその原因は解決されないまま悪化してしまうことも少なくありません。
鉄が欠乏し、貯蔵鉄(フェリチン)の鉄まで欠乏させてしまっては、貧血を起こしかねますし、合併症を引き起こす可能性もあり、危険です。

 

たかが鉄!されど鉄!ですので、鉄をあまくみないで原因が鉄分不足だということをしっかりと把握し、対症することが重要と言えます。

 

誰にも相談できない、ちょっとしたことだと軽視せずに、医師に相談してみることです。

 

または、インターネット等でこのような症状をあらかじめ調べてみるのも、同じようなケースを経験した人があげている可能性もありますので、ネット上で相談したり、調べてみるのも有効的かもしれません。

 

しかし、自己判断はそうではない可能性もあり得ますので、過信せずに医師に相談してみることも大切です。