おすすめサプリ

足がむずむずした時にすぐ効くツボ押し効果

まだ日本ではあまり知られていませんが、脚に表れる神経の病気の一つに、むずむず脚症候群と呼ばれるものがあります。

 

この病気は脚に痺れや痒みなどの不快感が続いて表れるというもので、長期間続くと睡眠障害などを引き起こすなど、肉体的にも精神的にも辛い病気となっていきます。
むずむず脚症候群の対象法はいくつかあるので、それらを活用して少しずつ症状を和らげていきましょう。

 

むずむず症候群とマッサージ

むずむず症候群の症状を今すぐに抑えたいときは、マッサージが効果的です。
マッサージを行うことで脚を刺激して、症状を抑えることが出来ます。

 

適度に筋肉を動かすことが効果的といわれているので、丸いマッサージを全体にかけたり、少しの間歩いてみたりといった運動でも、症状を軽くすることが出来ることがあります。
ただし逆に痛みが増すこともあるので、合わないと感じたときは治療を中止してください。

 

つぼ押しで症状を抑える

マッサージによるむずむず脚症候群の治療は、つぼ押しを行うことでさらに効果を高めることが出来ます。
つぼを刺激することで神経の働きを抑えたり、リラクゼーション効果を加えて眠りにつきやすい状態にすることも出来るといいます。

 

つぼにはいくつかの種類があります。

 

三陰交

脚の内側、くるぶしの骨から指4本分上に位置する「三陰交」

 

合谷

ての親指と人差し指の間にある「合谷」

 

足三里

ひざから指4本分下の、骨の外側のくぼみにある「足三里」

 

上記のつぼがむずむず症候群には特に、効果的といわれています。

 

つぼ押しの注意点

つぼ押しによるむずむず足症候群の治療は、自分でも出来る割に効果的といわれていますが、必ず注意しなければならない点として、つぼの位置を間違えないようにしなければなりません

 

違うつぼを刺激してしまうと、症状がよくなるどころか逆に悪化することもあるので、正しいつぼの位置が分からないときは、自分でつぼ押しをせずに、鍼灸院などの専門的なところで治療を受けたほうが、より確実に治療することが出来ます。

 

むずむず足症候群は、症状が悪化するとどんどん辛くなっていきます。
つぼ押しはすぐに使えて症状を大きく抑えられる治療法なので、知っているのといないのとでは精神的な余裕が違います。
確実に治療するためにも、正確なつぼの位置を覚えておきましょう。