むずむず脚症候群ネットで足むずむずを撃退!

こんなお困りの事はありませんか?!

  • 足がむずむずして眠れない
  • なんだか痒いけど掻けない
  • むず痒い
  • チクチクする
  • 痛い

上記の症状でお困りの方は、「むずむず脚症候群」の可能性が高いです!上記のような様々な症状があるむずむず脚症候群に悩まされている方は意外にも多いんです。
当サイトでは、そんなむずむず脚症候群の原因や症状、自宅で出来る治療・対処法を詳しく紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

おすすめサプリ


むずむず脚症候群の症状チェック表

症状チェック

むずむず脚症候群は、それほど一般的に知られている病気ではありませんが、実は日本人の2〜5%がこの病気にかかっていると言われています。

つまり100人のうち2〜5人なので、意外と多いと感じるかもしれません。症状に気付いていても、病気とわからず放っておく人もとても多いので実際にはもっと多いかもしれません。

 

むずむず脚症候群は、別名「レストレスレッグス症候群」「下肢静止不能症候群」と呼ばれることもあります。
この病気の症状にはどんなものがあるのでしょうか?
症状の例を挙げてみたので、あなたはどれだけ当てはまるか、まずはチェックしてみてください!

 

こんな症状の人はむずむず脚症候群の恐れあり!
  • 足がむずむずする
  • 足の奥がかゆい、掻きたいけど届かない
  • アリ・ミミズ・ムカデなどが足を這っているような間隔がする
  • 足がほてるような感覚がある
  • 足がしびれるような感覚がある
  • 寝ている時に勝手に足がぴくぴく動く
  • ピンでなぞられているような痛みを感じる
  • 針で刺されているような痛みを感じる
  • 激しい痛みがある
  • じっとしていられず、すぐに足を動かしたくなる
  • 夜中に何度も目がさめる
  • 足の不快感のせいで睡眠不足に陥っている
  • 不安な気持ちや憂鬱な気分になる

 

実はこんなにも様々な症状があるんです!
上記に1つでも当てはまる症状があれば、あなたはむずむず脚症候群かもしれません。

 

それでは、「むずむず脚症候群」の症状について、詳しく見ていきましょう。

 

「むずむず脚症候群」とはこんな症状

その名の通り、足がむずむずする

足むずむず
むずむず脚症候群の症状として、じっとしている時や横になった姿勢の時に足がむずむずしたりかゆくなったりしてじっとしていられなくなる、というものがあります。人によってはアリやミミズが足を這っているような感覚に襲われることもあり、とても気持ち悪く感じることもあります。「もぞもぞ」、「ざわざわ」と実にリアルな動きを感じるため、気になって夜も眠れないという声もたくさん聞きます。

 

動かずにいるとその感覚が続くため、足を動かし続けてたい衝動にかられますが、実際に脚を動かしているとその感覚がおさまることもあります。

 

また、むずむず脚症候群は、夜、特に眠る前に起こることが多いそうです。
とは言っても、眠っている時に足を動かし続けることはできませんから、そのむずむずやかゆみが気になって十分に眠ることができず、睡眠不足に陥ることも。
このようなことが続くと、不安な気持ちになったり、落ち込んだりして、うつ病を引き起こしてしまうこともあります。


 

痛みも感じる

足むずむず

むずむず脚症候群の人は、かゆみだけにとどまらず痛みを感じることもあります。

この痛みは、ピンで脚をなぞられているようだったり、針で刺されているようだったり、激しい痛みだったりと人によって様々な症状があります。
その苦しさは、脚を切ってその中に手を突っ込み、ぐるぐるかき回したいぐらい辛いという症状の人もいますから、むずむず脚症候群という名前から連想されるような軽い症状ではない人もいらっしゃいます。


 

症状が続くと・・・

足むずむず

こういった症状は、週に二回以上起こることが多く、また、夕方や夜間に発生することが比較的多いです。

先ほども述べたとおり、むずむず脚症候群が続くと、睡眠障害や日常生活への影響も大きく、余計な疲労感を感じることになります。
そして、睡眠障害が悪化してストレスが溜まりうつ病になり、最悪の場合は自殺に至ることもあるなど、恐ろしい病気なのです。


 

むずむず脚症候群が起こりやすい年齢・体質は?

年齢
むずむず脚症候群は現在日本には200万人以上の患者がいるといわれており、病気の存在がほとんど知られていないことから、未治療の患者も加えるとさらに患者数が増えると考えられています。
では実際に何歳くらいの人に発症する病気なのでしょうか?


 

むずむず脚症候群が起こりやすい年齢は?

断定することはできませんが、統計的にはむずむず脚症候群にかかる人は40代以降の中高年で、男女比は2:3ぐらいで女性の方が多くなっています。
とは言っても、小学生や中学生に発症することもありますし、男女比に関しても認知度の低さを考えると誤差の範囲内と考えられるので、”こういう人がかかる病気である”、と特定することはできません。

 

年代別で細かく説明すると、10代は男女によって差があるものの、1%前後の割合で症状を起こしています。
次に20代ですが、10代より発症率ややや高まり、7%前後の割合で発症します。
30代に関してはほとんど20代と発症率は変わらないものの、女性が起こる割合がやや高まります。
そして中でも発症率が高まると考えられるのが40代の中高年の年代です。
50代以降は反対に徐々に発症する割合が減少していきますので、この症状について注意すべきは40代と言えるでしょう。

 

むずむず脚症候群が起こりやすい体質はあるの?

むずむず症候群になりやすい人の多くは、鉄分不足を起こしている人といわれています。鉄分が体内で不足してしまうとドーパミンの働きが本来より低下してしまうことにより、手足の運動機能がしっかりと機能しなくなってしまうのです。そのために、鉄分が不足していると、むずむず脚症候群が発症しやすいと考えられます。

 

また、症状を発症するのは鉄分不足だけが原因ではありません。
他の原因としては、妊娠や腎不全、あるいは糖尿病や末梢神経障害などを起こしている場合に、2次性として発症する可能性もあります。

 

そもそも、むずむず脚症候群の症状には一次性と二次性に分けられ、二次性のものが上で述べたような病気が関係して発症するものです。一次性は突発的に起こるもので、中には遺伝的に発症するものも考えられている事、そして鉄分不足による発症についても、この一次性に区別されます。

 

むずむず脚症候群の原因をさらに詳しく

年齢
むずむず脚症候群は、医師の間ですら認知度が十分ではないため見逃されて適切な治療が行われないケースがあるそうです。
そんなむずむず脚症候群の原因について更に掘り下げて解説していきたいと思います。


 

むずむず脚症候群の原因、詳しいことは解明されていない?

むずむず脚症候群には、特発性と呼ばれる一次性のものと、病気など他の原因によって起こる二次性のものがあります。二次性のものは鉄欠乏症貧血やパーキンソン病、慢性腎不全などの病気が原因であったり、抗鬱剤の副作用として起こったりするといわれており、原因が明確です。

 

一方、特発性である一次性のものについては、鉄分不足や体内での鉄代謝異常、遺伝やドーパミン神経系の障害など、様々な原因が挙げられていますが、実はハッキリとした原因がまだ分かっていない状態です。

 

むずむず脚症候群の原因と考えられるものは?

ハッキリとした原因が分かっていないとはいえ、原因の1つであると考えられるものはいくつかあります。それらを予防していけばむずむず脚症候群の改善にも繋がるはずなので、1つずつ詳しくみていきましょう。

 

鉄欠乏性貧血

むずむず脚症候群は脚に何らかの異常によってムズムズするわけではありません。感じたことを脳に伝達する神経に何らかの障害が起きたために実際には何ともない脚に異常を感じるのだと考えられています。そのため、むずむず脚症候群という名前ではありますが、腕や体など脚以外のところがムズムズするなどの症状となって表れることもあります。

 

この、感じたことを脳に伝達する神経の一つにドーパミンというものがあります。このドーパミンは鉄分が不足すると正常に働かなくなってしまいます。これがむずむず脚症候群の原因だという説が有力視されています。そのため、鉄欠乏性貧血の人にむずむず脚症候群が起こりやすいのです。

 

遺伝的要因

大人がむずむず脚症候群にかかる場合は上で述べたように鉄欠乏性貧血が原因となることが多いですが、子供がむずむず脚症候群にかかる場合は、鉄分の量に異常がない場合が多です。これは、体内の鉄分が足りていてもその鉄分が脳にうまく移動できていないためだと推測されていますが、そうなってしまう原因は分かっていません。

 

そのため、これは遺伝に関係していると考える人もいます。実際、むずむず脚症候群にかかった子供のどちらかの親の7〜8割がむずむず脚症候群の人がいるそうです。

 

神経機能障害

むずむず脚症候群は脊髄に損傷を受けるなどして神経機能に障害が起こると、むずむず脚症候群の症状が出るという人もいます。

 

慢性腎不全

むずむず脚症候群は40代以降の高齢者に多く見られ、特に慢性腎不全で人工透析を受けている人に良く見られます。そのため関係性があるのでは、と思われています。

 

ただ、慢性腎不全になると腎性貧血になることがあるので、ここでも鉄分不足が原因だと思われます。

 

パーキンソン病

パーキンソン病は、じっとしている時に指などがふるえたり、関節が動かしにくかったり、動作がゆっくりしたり、バランスがとれなくなったりする病気です。これはドーパミン不足が原因と考えられており、むずむず脚症候群へとつながるところがあります。

 

ストレス

ストレスもむずむず脚症候群の原因だと考えられています。ストレスを長期間にわたって受け続けると、自律神経が乱れてきます。自律神経が乱れて交感神経と副交感神経が正常に働かなくなると、神経伝達物質であるドーパミンの機能も低下してしまうのです。

 

脳にはA11というドーパミンを出す神経細胞があり、普段は不必要な信号が脳に入らないように守ってくれているのですが、A11の機能がドーパミン異常により正常に働かなくなると脳が過敏になって小さな刺激を強い刺激と感じてしまうようになり、むずむず脚症候群になるのです。

 

妊娠

妊娠すると、胎児の体や血液を作るために妊婦の体から鉄分が大量に使われます。そうすると鉄分不足になるため、むずむず脚症候群が起こります。

 

実際に妊婦の10%程度の人はむずむず脚症候群の症状を感じているそうです。

 

よく出るワード「ドーパミン」とは

ドーパミンは脳から分泌される運動や感覚を制御する神経に関係する物質で、ドーパミンが大量に分泌されることで、運動や感覚にかかわる部位につながる神経の興奮を抑えて、常に静止した状態を保つことが出来るのですが、むずむず脚症候群にかかると、神経の興奮を抑えることが出来なくなり、常に痺れや痛みを感じるようになってしまいます。大量に分泌された結果、ドーパミン不足に陥ることがあります。

 

また、そもそもドーパミン不足の状態とは、その多くが鉄分不足が原因といわれています。鉄分は人間が普段食べる食材に含まれていることが多いのですが、調理の際に抜けてしまうなど、想像以上に摂取されないままになっていることが多く、たくさん食事を摂ったとしても、鉄分が不足していることが多いといいます。

 

もし鉄分が不足してしまうと、ドーパミンを作る機能が失われてしまうので、むずむず脚症候群になったときは、鉄分を補給して症状を改善させましょう。

 

むずむず脚症候群の大きな原因は「鉄分不足」

年齢
このように、いくつかあるむずむず脚症候群が発症する原因の中で最も大きな原因は、鉄分不足によるものです。

 

現代人の食生活の乱れなどから、近年鉄分不足、鉄欠乏性貧血の人は本当に多くなってきているようです。気づかぬうちに体を蝕む鉄分不足。あなたはのむずむず脚症候群の症状があるのなら、もしかしたら鉄分不足が原因かもしれません。

 

鉄分不足かどうかチェックする方法

では次に、自分が鉄分不足かどうかを知る方法はないのか?ということで、チェックリストを作ってみました。

 

鉄分不足の兆候

鉄分不足というと、すぐに貧血を思い浮かべると思いますが、実は鉄分が不足すると他にももっと体にさまざまな影響を与えます。
次のような兆候が見えたら、鉄分不足かもしれません。

 

一般的に知られている兆候
  • 顔色が悪い
  • 貧血・立ちくらみ
  • 肌荒れ・ニキビ

 

身体的な兆候
  • 睡眠障害(眠れない・寝付きが悪いなど)
  • 巻き爪・二枚爪など爪への異変
  • 慢性的な喉の痛み
  • 手足が青白い
  • 気付いたらあざが出来ている
  • すぐに動悸や息切れが起こる
  • 食べものを飲み込みづらくなる

 

精神的な兆候
  • 精神的にうつっぽくて落ち込みやすくなる
  • イライラしたり、何をするのもだるくてやる気が出ない

 

あまり知られていないその他の症状
  • 異食症(氷や土などを食べたくなる)
  • 皮膚にカビが生える
  • 黄体ホルモンの分泌が低下するため卵巣に影響を与えて不妊や流産の原因に

 

むずむず脚症候群と似通っている症状がいくつかありますが、足がむずむずする以外にこのような症状があるのであれば、鉄分不足の可能性はとても高いです。

 

自分で出来るむずむず脚症候群の対処法・治療方法は?

ではむずむず脚症候群を対処する方法は何があるのでしょうか?
病院に行かなくても自分でできる対処法をお教えします。

 

自分で出来るむずむず脚症候群の対処法

運動やマッサージをする

運動

むずむず脚症候群では、脚がむずむずしたり、動かしていなくてはいられないような異常な感覚は運動によって改善される場合があります。

特に、脚をしっかり使った運動をすると血行が良くなって筋肉などの感覚が脳にきちんと伝達されやすくなると考えられているので、ゆっくり歩くだけでも大丈夫です。
症状が出たと感じたらまずは無理をしない範囲で歩くことをおすすめします。

 

また、血行を良くすることが目的ですから、ハイヒールなどの脚の血行を悪くする靴を避けることも効果的です。
さらに、寝る前に足のストレッチやマッサージを行うだけでもむずむず脚症候群が改善されることもあります。

 

カフェインやアルコールを控える

ノー

むずむず脚症候群は、カフェインやアルコールによって誘発されると考えられています。

これらは睡眠を浅くしてしまい、自律神経の乱れを誘発するため、むずむず脚症候群が起こりやすくなる、というわけです。

どうしてもという時は

特に夕食後にカフェインが含まれているものを飲んでしまうと、体内には数時間カフェインが残るため、足むずむずをひどくさせやすくなります。どうしてもコーヒーなどカフェインが含まれているものが飲みたい場合は、朝飲むようにしましょう。

 

アルコールを飲むと眠くなるからいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、体内でアルコールを肝臓が分解している時は交感神経が刺激され、眠りが浅くなってしまうので、飲酒は控えるようにしましょう。

 

鉄分を積極的に摂取する

何度も言っていますが、むずむず脚症候群の大きな原因である鉄分不足を解消するために、毎日鉄分を積極的に摂取するようにしましょう。

実は難しい”鉄分補給”

鉄分

しかし実は、食事から鉄分を補給する事は以外と難しいって知っていました?

なぜなら、鉄の吸収率はなんとわずか8%!
さらに、コーヒーやお茶に含まれる「タンニン」が鉄の吸収を阻むので、実際に食事で取った鉄よりも、実際の吸収率はもっともっと下がります。

 

推奨されている1日の鉄分摂取量は女性は12〜15mg、男性だと10mgだと言われています。
この量は、例えば鉄が豊富な「豚レバー」なら100g中16mgの鉄が含まれていますが、実際に1日に100g食べたとしても、吸収されるのはたったの1mgほど・・・。

 

鉄分摂取の解決法は?

では1日に必要な摂取量を気軽にとる方法はないのでしょうか?

 

ご安心ください!ちゃんとあります!

 

最も手軽でおすすめしたいのが「サプリメント」の利用です。
むずむず脚症候群の対処法としてサプリメントを利用する時は、次の栄養素が含まれたサプリであることが大事です!

 

鉄分の吸収率が高いヘム鉄

鉄分というのは吸収率が低いという話を上で述べましたが、実は食品によって鉄の吸収率が異なります。
例えば、鉄分が豊富で有名な「ほうれん草」。実はこれは吸収率が低い部類に入ります。(100mg中吸収するのはたったの2mg)
ほうれん草のような吸収率が低い鉄のことを「非ヘム鉄」と言います。

 

ほうれん草とは反対に、「豚肉のレバー」はとても鉄の吸収率が高いんです。(100mg中なんと13mgも吸収します!)
豚肉のレバーのような吸収率が高い鉄のことを「ヘム鉄」と呼ばれます。

私たちが普段食べる食品はヘム鉄が含まれた食品より非ヘム鉄が含まれた食品の方が比較的身近です。

 

よって、サプリメントも多々単純に鉄分の含有量を見るだけでなく、細かい成分までしっかりチェックすべきなのです!

 

鉄の吸収をアップさせるビタミンC

鉄をさらに効率的に吸収するのにかかせないのが「ビタミンC」です。
実はビタミンCには非ヘム鉄をヘム鉄に変えてくれる働きがあります。
そのため、吸収率をさらに効率的に上げてくれる働きがあるビタミンCが含まれたサプリがおすすめなのです。

 

赤血球の形成を助けるビタミンB12葉酸

貧血という状態をとてもざっくり簡単に説明すると、ズバリ「赤血球が減った状態」のことをいいます。そのため、貧血予防=赤血球の形成ともいえるのです。
そこで、赤血球の形成に必要となる栄養素がビタミンB12と葉酸なので、これらが含まれているかどうかも大事というわけです。

 

たんぱく質の再合成に働きかけるビタミンB6

上で貧血とは「赤血球が減った状態」といいましたが、もう少しだけ具体的に言うと「赤血球の中に含まれているヘモグロビンの濃度が減った状態」のことをいいます。そのため、ヘモグロビンもとても大事なポイント!
そんなヘモグロビンは鉄とたんぱく質によって作られています。そしてそんなたんぱく質をヘモグロビンを作るために再合成する働きを助けるのに必要なのがビタミンB6なのです。

 

むずむず脚症候群の方におすすめのヘム鉄サプリメント

それでは上で挙げた4つのポイントを踏まえて、世にたくさんある鉄分サプリがある中で、むずむず脚症候群の人に適したおすすめしたいサプリを紹介します!

 

まずは、昨年発売されたヘム鉄のサプリ「美めぐり習慣」

 

美めぐり習慣
>美めぐり習慣公式ページ

 

おすすめポイントその1…原材料へのこだわりがすごい!

美めぐり習慣

鉄分サプリメントの中でも、とても原材料にこだわっていて、非常に安心・安全に飲めるのがこのサプリの特徴です。
原料にヘム鉄食材である豚レバーを使用しています。(しかも国産豚!)
また、ビタミンCはレモンの34倍を含むアセロラ、葉酸はオーガニックモロヘイヤを使用。
さらに血行を良くする働きがある生姜も、オーガニックの有機生姜と使っているという徹底ぶりです。

 

おすすめポイントその2…飲みやすさがポイント!

美めぐり習慣

さらに、美めぐり習慣は鉄分サプリの中では珍しく、人工の添加物を一切使用していないという安心への徹底ぶりが、人気を呼んでいます。
また、一般的なサプリメントよりも粒が小さく、匂いや味もほとんどしない為、毎日でも続けられる飲みやすさが特徴です。

 

おすすめポイントその3…子供から大人まで、安心して飲める!

美めぐり習慣

品質管理も徹底的に行われています。製造・品質管理体制の規格認定証であるGMP認定工場で一貫生産していますし、
安全な食品として利用できるので、お子さんや妊婦さんが飲んでも大丈夫です。

 

これだけこだわっているのにコスパも良いヘム鉄サプリなので、鉄分不足の症状がある方は、ぜひ飲んでみてくださいね。今ならなんと66%OFFのキャンペーンでとってもお得に購入出来ます。

 

>>「美めぐり習慣」を実際に飲んだ体験談はこちら!

 

美めぐり習慣

 

こちらもおすすめ!「サジージュース」って何?

少し話が脱線しますが、皆さんは「サジー(沙棘)」という果物はご存知でしょうか?
サジーにはなんと200種類以上もの栄養素が豊富に、かつ大量に含まれており、スーパーフルーツなんて呼ばれてもいます。
そしてこのサジーはむずむず脚症候群の改善予防にも効果的な栄養素である鉄分・ビタミンC・たんぱく質なども非常に豊富に含まれているんです。更に美容成分もたっぷり!

 

そして、そんなサジーが含まれた「サジージュース」なるものが市販されており、むずむず脚症候群だけどサプリに不安・抵抗がある人におすすめです。
そこでおすすめのサジージュースを1つ、「豊潤サジー」を紹介したいと思います。

 

サジーお試しモニター

>豊潤サジー公式ページ

 

豊潤サジーは、サジーのなかでも極めて栄養価の高いビコアサジーを使用しているオーガニックジュースです。
ビコアサジーには、200種類以上の健康、美容成分が入っています。
もちろんむずむず脚症候群の改善に効果的な鉄分やビタミンC、ビタミンB群なども豊富で、飲みやすく、手軽に鉄分を補給出来ます。

 

ビコアサジー栄養表

 

さらに安心の保存料0 香料0 着色料0!なので妊婦さんや授乳中の方でも飲むことができます。
一日ひとくちでOKなのも嬉しいですね。

 

>>「豊潤サジー」を実際に飲んだ体験談はこちら!

 

サジーお試しモニターボタン

 

 

「美めぐり習慣」よりも鉄分が多いサプリメントはこちら!

では鉄分サプリメントに戻りましょう!
続いては先ほど紹介した「美めぐり習慣」よりも鉄分が多く配合されているサプリ「ベルタ葉酸サプリ」を紹介します。

 

ベルタ葉酸サプリ

>ベルタ葉酸サプリ公式ページ

 

おすすめポイントその1…鉄分配合量が多い!

ベルタ葉酸サプリ

「美めぐり習慣」は鉄分が10mg配合されているのに比べ、「ベルタ葉酸サプリ」ではなんと16mgも配合されています!
その他、ビタミン・ミネラル類のむずむず脚症候群の改善に欠かせない栄養素が沢山入っています。
他の某会社と比較しても、圧倒的な成分量です。

 

おすすめポイントその2…妊婦さんでも安心して使用できます!

ベルタ葉酸サプリ

つわりが酷い妊婦さんでも、手軽に栄養バランスのとれた食事をサポートしてくれるサプリとして大活躍!
第三者機関に依頼して、安心・安全面を徹底していますので、お腹の赤ちゃんにも安心してサプリを飲む事ができます。

 

サプリメントの形状・大きさも他社と比べると小さくされていますので、飲みやすいと評判です。

 

おすすめポイントその3…実績がすごい!

ベルタ葉酸サプリ

「ベルタ葉酸サプリ」は数々の受賞・ランキング1位を獲得しています。
もしかしたら、既に「ベルタ葉酸サプリ」をご存知の方も多いかもしれませんね。

 

  • 2015年モンドセレクション金賞受賞
  • 楽天サイト キッズ・ベビー・マタニティ ランキング1位
  • 楽天サイト マタニティ・ママ ランキング1位
  • 楽天サイト 葉酸売上・満足度・人気度 ランキング1位

 

他のサプリメントと比べると決して安くはないですが、今なら定期便で注文すると、初回33%OFFで購入することができます。
注文してから、当日又は翌日にすぐ配送されますので、まずは試して見てはいかがでしょうか?

 

>>「ベルタ葉酸サプリ」の口コミ・評判はこちら!

 

ベルタ葉酸サプリ

 

その他にも、足むずむず症候群の改善予防になるサプリメントはいくつかあります!

普段からの食事で鉄分摂取を心がけている人には「Fe.eL(フィール)」というサプリもおすすめです。

 

Fe.eL(フィール)

>Fe.eL(フィール)公式ページ

 

おすすめポイントその1…1日たった2粒で鉄分解消!

Fe.eL(フィール)

Fe.eL(フィール)は1日たった2粒程度でOKという手軽さが魅力!
鉄含有量は、1粒あたりに2mgです。
普段の食生活で、1日平均6.5mgの鉄を摂取できると言われていますので、たった2粒程度のサプリメントで鉄分摂取に大きくサポートしてくれます。

 

実は鉄は摂取しすぎてしまうと、肝臓や血管にダメージを与えるなど、体調不良を引き起こします。
Fe.eL(フィール)は、過剰摂取することなくバランスよく鉄分を吸収できますので、安心して飲めますね♪

 

おすすめポイントその2…鉄剤が苦手な方でも飲みやすい!

Fe.eL(フィール)

人によっては、ほうれん草などの非ヘム鉄を多く摂取すると、胃もたれや便秘などの体調不良を起こす方がいます。
そんな体質的に合わない人には、Fe.eL(フィール)がおすすめです!

 

Fe.eLは胃腸への負担がなく、ヘム鉄を使用しているので、安心して飲めます。
また、医薬品レベルの原料を使用しており、GMP認定工場で製造されていますので、徹底した品質管理であることは間違いなし。

 

おすすめポイントその3…添加物を少なく!

Fe.eL(フィール)

Fe.eLは着色料・香料・保存料などの、使用しなくても良い添加物は一切入っていません。いかに添加物を使わず作れないかということを考え、工夫しながらサプリを作られています。

しかしサプリを作る上で使用しないと作れない、ゼラチンやグリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステルは使用しています。

 

また、九州にある有機JAS認定農園で栽培された国内産のイチョウ葉を使用する等、高品質かつ安心安全面にも徹底されています。

 

今なら!!お得な定期便でお申し込みすると、通常4,000円が55%OFFの1,800円で初回購入することが出来ます。

 

>>「Fe.eL(フィール)」の口コミ・評判はこちら!

 

Fe.eL(フィール)

 

おすすめサプリ

 

鉄分サプリメントを利用で本当にむずむず脚症候群が改善されるのか

ここまでで様々な鉄分サプリを紹介してきましたが、本当に効果があるのか疑問に感じる人もいるかもしれません。

 

そこで、ここからはネットで探した実際に鉄分サプリを利用した人の口コミを紹介するので見てみましょう!

 

鉄分サプリ利用者の口コミ一覧

 

症状が治まった

私のむずむず脚症候群は、主に昼間に発症していました。
夜はちゃんと眠れていたので、他のむずむず脚症候群の人よりは楽だったかもしれませんが、やはりつらいものでした。
仕事がデスクワークばかりで、ほとんどじっと座ってやらなくてはいけない仕事だったのですが、むずむず脚症候群になってからは仕事にならないぐらいで、これではいけないと思って対処法をインターネットで調べてみたところ、鉄分サプリが効果的だという情報を得たので、早速使ってみました。
やはり、鉄不足が原因で脚のむずむずが起こっていたようで、サプリを飲み始めるとすぐに症状が治まって仕事にも集中できるようになりました。


 

医師に勧められて改善

私は30代後半の事務職の女性です。
5年ほど前に足をミミズが這いつくばっているような不快な感覚が現れ始めました。
始めは気のせいかと思って放置していたのですが、だんだん症状がひどくなって、夜眠れなくもなってきたので医師に相談することにしました。
その頃にはあまりに寝不足で仕事にも支障をきたすようになっていたのです。
病院で診察してもらうと、かなり鉄分が不足している状態だと言われました。
しかし、病院の鉄剤は飲みにくいので、鉄サプリを利用しました。
そうすると、嘘のように症状が治まり、夜もぐっすり眠れるようになりました。


 

テレビの情報で知りました

私の仕事はIT関係のエンジニアなので、ずっとパソコンの前で座っているような仕事です。
そんな私が足のむずむずに悩まされるようになったのは4年ほど前のことです。
足がそんな状態では仕事に集中することもできず、失敗ばかりで首を切られそうになってしまいました。
そんな時、テレビ番組でむずむず脚症候群のことをやっていました。
それによると、鉄分の不足が原因だということなので、鉄分サプリを飲んでみました。
そうするとすぐに症状がなくなり、仕事も上手くいくようになりました。


 

手軽に健康な生活に

脚のむずむず感が気になってしまい、睡眠不足もしばしば。
そのせいもあり、たちくらみや貧血気味な事も多く、これではいけないと調べた所、鉄分サプリメントが良いという事を知りました。
仕事が忙しいこともあり、食事には気をつけているつもりでもなかなか。
しかし、サプリメントなら手軽にとれますし、サプリを使用してから夜も落ち着いて寝れる様になりました。


 

母子ともに健康になりました

私の娘が貧血気味で悩んでいたので、娘の為にも自分用としても何かないか探してみました。
日頃かた、食事には気をつけていましたが、食事のレパートリー不足もあり、毎日苦戦していました。
サプリメントなた、手軽にいつでも補給できますし、食事の献立を考える時間も省けるので、とても助かっています。


 

効果が1番実感できた

様々なサプリメントを試して来ましたが、なんかいまいちむずむず感がとれませんでした。
しかし、鉄分サプリを飲むようになってからはスッキリ!
複数のサプリをとらなくても、これさえとっていればいいのかなと思いました。


 

快適に睡眠を取れました

むずむず脚症候群とは自覚していなかったのですが、寝る時、布団の中に入ると脚がどこか落ち着かず、なかなか寝付けないという事がほぼ毎日のようにありました。
しかしこれがむずむず脚症候群とわかり、鉄分の不足が関係していると知ってから、サプリメントを飲み始めました。
飲み始めてすぐに効果があったわけではありませんが、数日後は自分でも改善された事に気付かないくらい、快適に睡眠を取れていました。


 

仕事に集中出来るようになりました

仕事でデスクワークをしているのですが、脚がむずむずしてしまって、どうも仕事に集中できない事が多かったです。
むずむず脚症候群による症状を疑い、鉄分の補給をしようとサプリメントを飲み始めました。
翌日くらいから脚に感じる違和感がほとんど無くなってくれたので、とても仕事に集中できています。
何やらドーパミンの働きと鉄分が関係しているという事を知り、それからは意識的に食事に鉄分が含まれるものも取り入れるようにしました。


 

開放されたと感じています

昔から気になっていた事なのですが、脚の不快感が気になって、なかなか寝付けない体質です。
なので、日中に買い物に行く時も体が疲れ、眠気が取れずに困っていました。
旦那から鉄分を摂ると治るかもと言われ、サプリメントを飲み始めました。
そうすると、今まで感じていた脚の不快感がほとんど感じなくなり、不眠症になってしまう事も無くなりました。
これで私もむずむず脚症候群から解放されたと感じています。


 

体感に正直、驚いています

脚のむずむずした症状が気になっているのですが、これをむずむず脚症候群と知ったのはちょっと前でした。
鉄分サプリメントを飲むと良くなるという事を知り、早速試してみましたが、今まで感じていたむずむず感、イライラ感がなくなり、とても快適です。
特に寝る時が辛いと思っていまいしたが、鉄分サプリメントを飲むだけでここまで変わるとは思っていませんでしたので、正直驚いています。
過剰摂取は良くないかもしれませんが、しばらくは続けていきたいと思います。


 

夫婦で愛用しています。

旦那と一緒の布団で寝ている時、私が頻繁に足を動かしているので指摘された事が何度もあります。
この症状を何かと調べた時に知ったのがむずむず脚症候群という事がわかりました。
鉄分が不足するとドーパミンの働きが悪くなり、足に不快感を感じるようになるという事を知り、鉄分サプリメントを飲み始める事にしました。
飲み始めて数日後、ほとんど足にイライラや不快感を感じる事がなくなったので、旦那も楽にして寝ています。


 

以前は動けない場所が苦手でした

足がイライラ、落ち着かないという気持ちになって、じっとしているのが本当に苦手でした。
なので、電車の中は常に立っていますが、映画館や飛行機の中のように動けない場所が本当に苦手です。
ですが、鉄分サプリメントを飲み始めるようになってから、足の感覚がほとんど気にならなくなり、じっとしている状態も大丈夫になりました。
むずむず脚症候群とは思っていませんでしたが、治ってくれて本当に良かったと思っています。


 

寝起きの調子が良くなりました!

寝るときは足に違和感を感じて眠れませんし、朝起きた時は足が怠くてイライラしてしまいます。
むずむず脚症候群を治すのにはどうしたら良いかと調べ、鉄分サプリメントが良いことを知りました。
鉄分を摂るだけで本当に治るかは心配でしたが、翌日から脚の不快感がなくなり、とても眠りやすくなりましたし、朝の脚の感じも好調です。
こんなことならもっと早くサプリメントを飲んでおけば良かったと思っています。


 

スッキリ起きれます。

脚の不快感で眠りが浅く、夜中に起きてしまう事が多いですし、朝起きてからの仕事が苦痛で仕方がありませんでした。
このような症状はむずむず脚症候群の可能性があると知り、鉄分サプリメントを用意し、毎日飲むことにしました。
飲み始めた当初はあまり変化が感じられなかったのですが、数日経過してから、脚の不快感がなくなり、朝起きた時には疲れが綺麗に取れているように思いました。
今では元気に日中も活動ができています。


 

むずむず脚症候群を病院で治療する場合について

治療
むずむず脚症候群は軽症の場合は普段の生活改善で自然に治る場合があります。しかし、症状が悪化したり、頻繁に症状が現れたりした場合は上で紹介した鉄分サプリを、そして、更に悪化した場合は病院での適切な治療を受ける事が望ましいです。
症状悪化により不眠症になったり、体の疲れが取れなかったりする事にも繋がりますので、症状にお困りの場合には、病院での治療を受診するようにしましょう。

 

ただし、病院でのむずむず脚症候群の治療は原因がはっきりしていない病気のため、対症療法(症状の軽減、自然治癒力の向上を目的とした治療)が中心となります。

 

病院で行うむずむず脚症候群の治療方法とは

むずむず脚症候群の治療方法は大きく分けて非薬物療法と薬物療法があります。
症状を改善できる可能性が高い方法は薬物療法です。

 

投与する薬としては、ドーパミン受容体作動薬や抗てんかん剤などが挙げられます。
そもそもむずむず脚症候群の症状は、鉄分が不足する事によってドーパミンの働きが悪くなった結果、足に不快感などの症状を与えると考えられています。
そのため、ドーパミン受容体作動薬などの薬を投与する事によってドーパミンの働きを改善し、足の症状を解消する事に繋がることを期待します。

 

また、パーキンソン病は筋肉が硬くなったり、動作が遅くなったり、手足が震えたりする病気ですが、この病気にかかっているとむずむず脚症候群を発症しやすいとも言われています。
そのため、パーキンソン病の治療薬が効果を発揮することもあります。

血液検査をすることも

また、近年では血液検査をする医療機関も多いようです。血液検査では尿毒症や腎障害なども判断できるため、そうした別の病気によって引き起こされたのかどうかも、同時に調べることができます。それにより特発性の一次性のむずむず脚症候群なのか、二次性むずむず脚症候群であるかが判断するのです。

 

治療の流れ

治療の流れですが、上で薬物療法について説明をしましたが、基本的にはまずは薬を使わない治療が行われます。
疾患が関係して発症している可能性がある二次性の場合には、基礎疾患を治療して改善する事が行われます。

 

他には、むずむず脚症候群を引き起こす可能性を高めてしまうニコチンやアルコール、カフェインなどの嗜好品を控える指導が行われたり、要因となりかねない抗うつ薬やドーパミン遮断薬などの服用を中止したりするように促されます。さらに簡単にシャワーの使い方や、就寝前の活動、規則正しい生活に関する指導が行われる事もあります。

 

それでも症状が改善されない場合に、薬を投与して治療を行なっていきます。
鉄欠乏による症状の場合を考慮し、鉄剤を投与したり、ドーパミン受容体作動薬を投与したりする事があります。

 

治療

症状によって睡眠をしっかりと確保できていない事を考慮し、場合によっては睡眠導入剤が投与される事もあります。

睡眠障害が起こりやすいむずむず脚症候群ですが、睡眠導入剤を使用すると、むずむず感は解消されず眠気だけが増していってより症状を悪化させることがあるので用法・用量には注意して下さい!


さいごに〜それでも治らないのなら病院へ!〜

治療

むずむず脚症候群は患者数が多い病気にも関わらず、認知度が低く、「気のせい」とか、「いつか治るんじゃないか」と考えそのまま放置する人がとても多いです。

でも、その考えは症状の悪化を招きかねません。
まずは、自分の症状を把握してみてください。

 

これまでに紹介してきたサプリメントなどを服用しても治らない場合は病院で受診するようにして下さい。
睡眠障害との関わりも深いため、精神科や神経内科に受診してみるのもよいでしょう。